投供

清制, 侯选官员将得选缺时, 按吏部规定日期报到, 亲笔书写履历单, 呈交吏部文选司, 以待铨选, 称投供。 其亲笔书写的履历单称为亲供。
* * *
清制, 侯選官員將得選缺時, 按吏部規定日期報到, 親筆書寫履歷單, 呈交吏部文選司, 以待銓選, 稱投供。 其親筆書寫的履歷單稱為親供。

Chinese Collegiate Historical dictionary of bureaucratic ranks (Simple and traditional Chinese characters). 2013.

Look at other dictionaries:

  • 投供 — 清 代候選官按期至吏部投呈本人履歷以待銓選。 《清會典事例‧吏部‧漢員銓選》: “ 康熙 二年定, 人文到部, 每月初一投供。” 《六部成語注解‧吏部》“投供”: “此員將得選缺, 則吏部召之來署, 令其書寫履歷單一紙呈交, 以憑查校。” …   Big Chineese Encyclopedy

  • 投供 — 拼音: tou2 gong 解释: 清制, 候补官每月到吏部投呈履历, 以待任用, 称为“投供”。 …   Taiwan national language dictionary

  • 投供 — 拼音:tou2 gong 清制, 候補官每月到吏部投呈履歷, 以待任用, 稱為“投供”。 …   Taiwan traditional national language dictionary

  • 投筆從戎 — (投筆從戎, 投笔从戎) 《後漢書‧班超傳》: “﹝ 班超 ﹞家貧, 常為官傭書以供養。 久勞苦, 嘗輟業投筆歎曰: ‘大丈夫無它志略, 猶當效 傅介子 、 張騫 立功異域, 以取封侯, 安能久事筆研間乎?’”後立功 西域 , 封 定遠侯 。 因以“投筆從戎”為棄文就武的典故。 唐 陳子昂 《為金吾將軍陳令英請免官表》: “臣幸以常才, 文武兼闕, 始年十八, 投筆從戎。” 清 和邦額 《夜譚隨錄‧崔秀才》: “盍投筆從戎, 聊博升斗?” 楊沫 《青春之歌》第二部第二七章:… …   Big Chineese Encyclopedy

  • 投笔从戎 — (投筆從戎, 投笔从戎) 《後漢書‧班超傳》: “﹝ 班超 ﹞家貧, 常為官傭書以供養。 久勞苦, 嘗輟業投筆歎曰: ‘大丈夫無它志略, 猶當效 傅介子 、 張騫 立功異域, 以取封侯, 安能久事筆研間乎?’”後立功 西域 , 封 定遠侯 。 因以“投筆從戎”為棄文就武的典故。 唐 陳子昂 《為金吾將軍陳令英請免官表》: “臣幸以常才, 文武兼闕, 始年十八, 投筆從戎。” 清 和邦額 《夜譚隨錄‧崔秀才》: “盍投筆從戎, 聊博升斗?” 楊沫 《青春之歌》第二部第二七章:… …   Big Chineese Encyclopedy

  • 投資信託 — とうししんたく【投資信託】 証券会社が一般投資者から資金を集め, これを信託銀行に信託し, 信託銀行を指図して証券投資を中心に運用し, これによって得た利益を投資者に分配する制度。 → 貸付信託 とうし ふんそうかいけつ こくさいセンター 〔International Center for Settlement of Investment Disputes〕 民間投資に関する紛争解決のための調停および仲裁の施設提供を目的とする国際組織。 1966年設立。 世界銀行の本部内に事務局をもつ。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 投放 — tóufàng (1) [throw in; put in]∶用甩、 撒的办法放置 投放鱼饵 (2) [lay]∶从飞机上投下 [炸弹] 或施放 [烟幕] (3) [put(money)into circulation]∶把钱投入流通领域 (4) [put (goods )on the market]∶把货物投入市场 (5) [release]∶从飞机上往下抛 (6) [invest]∶金融机构向企业提供资金 …   Advanced Chinese dictionary

  • 供过于求 — gōngguòyúqiú [supply exceeds demand; oversupply] 供应超过了需要 目前, 有些企业盲目投产, 造成产品积压, 供过于求, 但又有些企业的产品却又是供不应求, 这种局面, 必须迅速改变 …   Advanced Chinese dictionary

  • 投資顧問業 — とうしこもんぎょう【投資顧問業】 投資関連の情報を提供し, 証券売買の助言をする業務。 1986年(昭和61)に法制化された。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 投げ掛ける — なげかける【投(げ)掛ける】 (1)衣類などを投げて打ち掛ける。 「コートを脱いで子供に~・ける」 (2)体を他人にもたれかかるようにする。 「夫の胸に身を~・ける」 (3)影を遠くへ届かせる。 「杉の木が校庭に長い影を~・けていた」 (4)言葉や視線を相手に届かせる。 「冷たい視線を~・ける」 (5)人々に対して疑問などを提出する。 「学界の通説に対して疑問を~・ける」 (6)衣 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

We are using cookies for the best presentation of our site. Continuing to use this site, you agree with this.